島田高志郎は6位、4回転とステップで転倒「本当にバカなミス」

[ 2019年11月22日 20:54 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦・NHK杯第1日 ( 2019年11月22日    札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ )

<NHK杯初日>男子SP、演技を終え頭をポンポンと叩く島田高志郎(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子ショートプログラム(SP)で島田高志郎(木下グループ)は、75・98点で6位発進となった。

 冒頭にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めたものの、4回転トーループで転倒するとステップでも転倒。「本当にバカなミスをしてしまった。自分の演技に浸りすぎて、集中しきれていなかった」と振り返れば、ランビエル・コーチも悔しそうな表情を浮かべた。

 シニアの大舞台で羽生らと競うが、「壁を感じるのは後でいい」と言う。23日のフリーを見据え、「特に直す部分はない。集中を高めて、信じ切ることが僕の仕事」と力を込めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月22日のニュース