愛、4週連続Vへ出遅れ 後半崩れて6差36位「もったいない」 

[ 2019年11月22日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 大王製紙エリエール・レディース第1日 ( 2019年11月21日    愛媛県エリエールGC松山=6580ヤード、パー72 )

11番で第3打を放つ鈴木愛(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 史上初の4週連続優勝を目指す鈴木は首位とは6打差と大きくつまずいた。前半のインを34で折り返しながら、3番パー3の第1打をグリーン右手前の池に打ち込むなど後半のアウトで37。「しょうがないボギーは1つもなかった。もったいないなあ」と不満顔。

 それでも2年ぶり2度目の賞金女王へ優位は変わらない。ブレが生じたアイアンショットを修正して、残り3日間、好発進した申ジエ、渋野の2人を猛追する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月22日のニュース