×

アイドルに提供した楽曲、別人名義で無断リリースされた 作詞作曲者しほりが訴え、謝罪なく刑事告訴へ

[ 2022年6月3日 16:31 ]

しほりインスタグラム(@shihori94)から

 シンガーソングライター・しほり(年齢非公表)が3日、自身のツイッターを更新。アイドルグループに提供した楽曲がJASARC契約を拒否されたまま他人名義で無断リリースされたことを公表した。

 しほりは生まれつき左耳の難聴を持ちながら、水樹奈々やももいろクローバーZらにも楽曲を提供。現在、米・ロサンゼルスを拠点に活動している。

 ツイッターで公開した文書では「令和3年6月にMILENIA株式会社(旧Ready株式会社)所属のアイドルグループ『青空のプラネタリウム』が歌うシングル『アステリズム!』が、作詞作曲者である私、シンガーソングライターしほりの許諾を得ずに無断で公表され、さらに令和4年3月31日には、私ではない他作家名義にて無断リリースされたことが発覚した件につきまして、ご報告させていただきます」とした上で、アイドルの所属事務所を相手取って「東京地方裁判所に対し、訴訟を提起したところ、同裁判所は、こちらの主張を全面的に認め、勝訴判決を言い渡し、同判決は、令和4年5月6日、確定いたしました」とした。

 楽曲提供を受けた「青空のプラタリウム」は、リリース直前に所属会社名を「Ready株式会社」から「MILENIA株式会社」へと変更し、裁判が決定したタイミングで突如活動休止。さらに、5月1日からはグループ名を「NSTAR」と改名した上で活動を再開しているという。

 今回の判決では、アイドルの所属事務所が著作者人格権を侵害したとして、損害賠償責任が認められ、著作権法に基づいて当該楽曲利用等の差し止めや名誉回復措置として公式サイトでの謝罪掲載などが科せられる。

 しほりによると、アイドルの所属事務所は「現在まで完全沈黙をしたままであり、未だに当該該当楽曲を他人作家名義にて公表し続けているなど、誠実な対応が一切見られずに、勝訴判決が確定となりました」とし、「そのため、これまでの経緯と態度も鑑みた上で現在、上述の各弁護士と共に刑事告訴の準備を進めております」と刑事告訴する方針だ。

 「現在も当該グループや当該会社に所属しているメンバーの心身の安全を第一に考え、皆様に於かれましては、これまで同様に、当該会社、グループおよび所属メンバーへの誹謗中傷、過度な連絡・嫌がらせなどは決して行わないようご配慮いただけますと幸いです」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月3日のニュース