RIP SLYME 一部メディアの「いじめ」報道を否定「そういった事実は一切ございません」

[ 2021年11月22日 20:19 ]

PES
Photo By スポニチ

 活動休止中の男性ヒップホップグループ「RIP SLYME(リップスライム)」が22日、公式YouTubeチャンネル「リップチャンネル」を更新し、元メンバーPESの脱退騒動について語った。

 「ご心配をお掛けした件について」と題して動画を更新し、RYO-Z(47)、ILMARI(46)、DJ FUMIYA(42)の3人で登場。リーダーのRYO-Zが「昨今、ちょっとお騒がせした出来事がございまして、ご心配をかけた皆様、色んな不安に思わせてしまったファンの方々に改めて申し訳ございません」と謝罪しつつ「そして、その中でも応援のメッセージをくれるファンの方たち、ありがとうございます」と感謝した。

 「この件について、僕らの方から説明させていただきたい」とし「元メンバーと、あえて呼びますけど、彼がSNS等で僕の名前を呼んでくれるな、メディア等で呼んでくれるなということなので、あえて元メンバー」と説明した。

 「2017年にリップスライムを脱退しています。これは事実です」と認めた。だが、「報道などで言われるような、いじめがあったとか、そういった事実は一切ございません」一部メディアの報道を否定。「いろんなことを言われておりますけど、報道で言われるような事実はなかったと僕たちは思っています」と続けた。

 そして、「これからも、まだまだ彼らも活躍していくと思いますし、僕らも新しい門出として、この3人で楽しい音楽、そして楽しいエンターテインメント、楽しいライブなどなど、まだまだやっていきたい。よろしければ応援のほど、一つよろしくお願いします」と頭を下げて呼び掛けた。

 RIP SLYMEは94年に結成。98年から5人体制で活動してきた。01年にメジャーデビューすると、「One」「楽園ベイベー」などが次々にヒット。しかし、17年4月にメンバーのSUの不倫疑惑が発覚し、以後は4人でライブ活動などを行っていたが、18年10月に活動休止を発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月22日のニュース