豊島九段 藤井竜王に雪辱の連覇、JT杯で最後の勲章死守「いい形で終われた」

[ 2021年11月22日 05:30 ]

藤井竜王を破った豊島JT杯覇者はJT杯を手にする(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 将棋の第42回日本シリーズJTプロ公式戦(JT杯)は21日、千葉市で決勝を行い、先手の豊島将之JT杯覇者(31)=九段=が95手で藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含め4冠=に勝ち、2年連続3度目の優勝を飾った。

 今年は3勝13敗と大きく負け越していた藤井に、豊島はようやく一矢を報いた。優勝賞金500万円を獲得し「縮こまった手で負けると悔いが残る。今日は積極的に前に出て、熱戦にできたと思います」と胸をなで下ろす。対藤井連敗を7で止め、最後に残った勲章を死守。「いい形で終われました。でも(藤井とは)相当実力差がある。これから実力を付けていかなければ」と表情を引き締めていた。

 《藤井竜王、王将戦で5冠狙う》藤井はJT杯初優勝を逃した。昨年まで0勝6敗と苦手にしていた豊島から、今年は叡王と竜王の2冠を奪取。勢いに乗ってJT杯制覇に挑んだものの、終盤の攻め合いで一歩足りず無念の投了に「もう少し受けに回らないと」と反省した。次の大舞台は来年1月開幕の第71期ALSOK杯王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)。渡辺明王将(37)相手に5冠目を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月22日のニュース