【今夜1月24日の天国と地獄】第2話 日高(魂・彩子)を事情聴取!彩子(魂・日高)は居候・陸と仲良く

[ 2021年1月24日 09:00 ]

日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」第2話。河原(北村一輝)から事情聴取される日高(魂・彩子、高橋一生・右)(C)TBS
Photo By 提供写真

 女優の綾瀬はるか(35)が主演を務めるTBS日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」(日曜後9・00)は24日、15分拡大で第2話が放送される。

 捜査一課の刑事・彩子(綾瀬)と殺人事件の容疑者・日高(高橋一生)は、階段から転げ落ちた拍子に魂が入れ替わってしまった…。

 彩子(魂・日高、綾瀬)は日高(魂・彩子、高橋)に「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と二者択一を迫る。仕方なく後者を選択した日高(魂・彩子、高橋)は、彩子(魂・日高、綾瀬)の指示通り、家宅捜索が入る前に日高のマンションからダンボール箱をこっそり持ち出す。中に入っていたのは連続殺人の証拠となり得る品々だった。身体が入れ替わってさえいなければ、大手柄なのだが…。

 何とか家宅捜索を乗り切った日高(魂・彩子、高橋)は、そのまま河原(北村一輝)の事情聴取を受ける。そして、その様子を別室で見つめる彩子(魂・日高、綾瀬)と八巻(溝端淳平)。八巻は彩子の雰囲気がいつもと違うことを変に思って尋ねるが、「路線変更です」と煙に巻かれる。

 警察は確たる証拠を見つけられないまま、秘書・樹里(中村ゆり)の素早い根回しで日高(魂・彩子、高橋)を釈放。マンションに戻った日高(魂・彩子、高橋)は、居候の陸(柄本佑)のことを考えた。一緒に暮らしている陸なら、きっと本物の彩子ではないことに気付いてくれるはずだ。

 ところが、その頃、陸は彩子(魂・日高、綾瀬)と仲良く食卓を囲んでいて…。

 鹿児島・奄美大島に伝わる「月と太陽の伝説」かのごとく、刑事と殺人鬼の魂が入れ替わる究極の“スイッチエンターテインメント”。脚本はNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子氏(49)が手掛けるオリジナルストーリー。TBS「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN―仁―」「義母と娘のブルース」などに続き、綾瀬&演出・平川雄一朗監督(48)と再びタッグを組んだ。

 綾瀬は意外や日曜劇場初主演&刑事役初挑戦。サイコパスな殺人鬼役に挑む高橋一生(40)も日曜劇場初出演。綾瀬とは初共演となった。共演は柄本佑(34)溝端淳平(31)中村ゆり(38)北村一輝(51)ら。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月24日のニュース