「ゴダイゴ」マネジャーのジョニー野村さん死去 75歳 闘病中セブ島の自宅で ミッキー吉野追悼「残念」

[ 2021年1月24日 16:28 ]

「ゴダイゴ」のメンバー5人が勢揃いした記念写真(1977年)
Photo By スポニチ

 「ガンダーラ」「銀河鉄道999」などで知られるロックバンド「ゴダイゴ」のマネジャー、ジョニー野村さんが23日午後7時20分、かねて闘病中だったフィリピン・セブ島の自宅で死去した。75歳。同日、バンドの公式フェイスブックで発表された。一夜明けた24日、リーダーのミッキー吉野(69)は自身のツイッターで「昨夜、古くからの友人が逝ってしまいました。『ジョニー野村』ゴダイゴ結成にあたって最重要な仲間であり、横浜時代の先輩でした。残念」と悼んだ。

 公式フェイスブックは「ジョニー野村さん(75歳)が本日1月23日19:20自宅にて逝去されました。生前お世話になりました皆様に、この場をお借りしてご報告申し上げます。1976年の結成当初からの全盛期、プロデューサーとして数多くのヒット曲を制作し、ゴダイゴの黄金期のスタッフの中心人物でした。かねてから闘病中のセブ島の自宅で、家族に囲まれた静かな最期であったそうです。安らかなご冥福をお祈り申し上げます」と伝えた。

 野村さんは音楽出版の社長としてボーカル・タケカワユキヒデ(68)を見いだし、ミッキー吉野らと結び付けた。国際基督教大学時代、作詞家・演出家の奈良橋陽子氏(73)と結婚(のちに離婚)。長男は俳優の野村祐人(48)、長女は女優・演出家の米倉リエナ。

 昨年5月には「ゴダイゴ」結成メンバーでギタリストの浅野孝已さん(享年68)が亡くなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月24日のニュース