神田愛花 夫・日村を意識し始めたきっかけ「そういう男性を見たのが初めてだった」

[ 2021年1月24日 08:46 ]

フリーアナウンサーの神田愛花
Photo By スポニチ

 元NHKでフリーアナウンサーの神田愛花(40)が22日深夜放送の関西テレビ「桃色つるべ~お次の方どうぞ~」(金曜深夜1・50)に出演。夫でお笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(48)との出会いについて語った。

 日村について、NHK時代は「NHKしか見ていなくて、当時『バナナマン』がNHKにあまり出ていなくて存在を知らなかった」という神田。フリー転身後に「バナナマン」がMCを務める民放番組で共演したのが出会いだと語った。

 その番組で日村は「数字の王子様みたいなコスプレ」をしていたという。神田は「そのコスプレが太っちゃったからかサイズが小さくなっていて、背中が(閉まらなくて)全部肌が見えていたんですね。それをひもで結んで着てて…」と当時の日村の格好を振り返った。

 続けて「そういう男性を見たのが初めてだったので『わぁすごい!』って。それで私の中で気になる存在になりまして」と告白。「『衣装なんて気にしてないんだ、カッコいいな』ってなっちゃった」と日村を意識し始めた独特なきっかけを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月24日のニュース