菅田将暉「この人めっちゃかわいい」初恋の相手明かした ドラマのヒロインだった女優「N」に心奪われた

[ 2021年1月24日 21:55 ]

俳優の菅田将暉
Photo By スポニチ

 俳優の菅田将暉(27)が24日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演し、初恋の相手を明かした。

 菅田は中学3年生の時に当時大人気ドラマでヒロインを演じていた5歳年上の女優「N」を見て「この人めっちゃかわいい」と心を奪われた。菅田は学校のクラスメートに女優「N」のモノマネを披露したり、文化祭の演劇では女優「N」が主演を務めていたドラマをパロディー化するほどハマっていたという。そして、初恋から10年後、2017年の映画「銀魂」で初共演を果たした。

 菅田は初恋の相手を「長澤まさみさんです」と明かした。見ていた大人気ドラマは「プロポーズ大作戦」で「大好きでしたね」としみじみ。初共演したときは「仕事の現場では俳優同士で会うわけなので」と、意識していなかったが「家に帰ったときに、長澤まさみさんと一緒やったんやな」と思い返したという。

 「あまり、そういう気持ちって他の人に感じないですけど、長澤まさみさんだけはドキッとしました」と振り返った。本人に「好きだった」と伝えると、照れながら「ありがとう」と言われたことも明かした。また、長澤まさみの「声が好きで」とし「同級生に声めっちゃ似てる子がいて、ちょっと好きになりました」と語り共演者を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月24日のニュース