相葉雅紀 ジャニーズ先輩・東山紀之に思わず“暴言”「だって本当にポンコツだから」

[ 2020年11月26日 21:02 ]

「嵐」の相葉雅紀
Photo By スポニチ

 嵐の相葉雅紀(37)が26日放送されたフジテレビ系「VS嵐」(木曜後7・00)に出演し、ジャニーズの先輩で少年隊の東山紀之(54)に思わず“暴言”が飛び出すシーンがあった。

 番組では今回、嵐同士で対決を行うため嵐のメンバーがそれぞれチームメートを選ぶ「第3回Mr.VS嵐ドラフト会議」が行った。相葉が東山を1位指名の抽選で引き当て、2巡目にお笑い芸人の狩野英孝(38)を獲得し、3代目「Mr.VS嵐」へ初の決勝進出を目指した。

 チーム相葉は最初に、ボールを蹴って動く標的に当てる「キッキングスナイパー」に挑戦。しかし、東山は「前回やった時うまくいかなかった」と自信がないと話した先輩に相葉は「ちょっと待って」と、思わずツッコミ。そして「キッキングスナイパー」は、相葉と東山の奮闘、狩野が最後にパーフェクトを決めて250ポイントを獲得した。ゲームを終え、相葉から「いかがでしたか、キックは。やってみて」と感想を求められた東山は「初めて当たったかもしれない。1個だけ当たった」とうれしそうに話し、相葉は「すごい進歩です」と拍手して持ち上げた。

 お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也(44)が「自信ないっておっしゃってた理由がわかりましたよ」と話すと相葉も「俺もドキドキ、ドキドキしましたよ。全然当たらないから」と心境を語った。狩野が「よく相葉君が倒してくれましたよ」と感謝すると「頑張りましたよ。だって本当にポンコツだから。2人が」と本音が飛び出し笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月26日のニュース