おのののか 挙式に備え6・5キロダイエットしたことを明かす「整形した?なんて言われたりも」

[ 2020年11月26日 20:21 ]

おのののか
Photo By スポニチ

 9月に2016年リオデジャネイロ競泳男子五輪代表の塩浦慎理(29、イトマン東進)と結婚したタレント・おのののか(28)が25日、自身のインスタグラムを更新し、結婚に向けて2カ月で6・5キロのダイエットをしていたことを明かした。

 おのはフォロワーから寄せられた「どうやってダイエットしましたか?」という質問に対し「たしかに痩せました 今までグラビアのお仕事をしてきて、太るのには気をつけたりしていましたが、これだけ気合いをいれてだイエットしたのは初めてでした」とし、エステサロンに通ったと説明。「顔の輪郭も丸いのでポチャっと見られがち」のため、1メートル68、53キロから「今回の目標は、誰がみても細い!華奢!綺麗!と言ってもらえるようになること」と、エステと食事改善で46・5キロまで落とした。挙式から2カ月たった今でも47~48キロをキープしており「本当に普通に食べて元気にここまで減量したので、アスリートの夫にも褒められました」と自賛した。

 だが、痩せたことで「顔の雰囲気も変わって、、お肉で埋もれてた鼻もでてきて、整形した?なんて言われたりもしました」と明かし、減量の効果だったと強調していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月26日のニュース