八代英輝氏 小池都知事のGoToトラベルに対する姿勢に「国に任せるのではなく都としても主体的に」

[ 2020年11月26日 13:18 ]

八代英輝弁護士
Photo By スポニチ

 弁護士の八代英輝氏(56)が26日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。東京都の小池百合子知事が25日の臨時記者会見で、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の一時除外に関しては都側から求めない意向を示したことについて言及した。

 小池知事は「本来、感染を防止する場合は拡大している地域へ行く場合と来る場合との発着を併せて止めるべきではないか」と指摘し、「両方から止めるのであれば全国的な視点から国が判断するのが筋だ」と述べた。

 八代氏は「(小池知事は)都民の命という言葉も発言されている。そう考えるんであればGoToトラベルについても現場として1番情報をお持ちなわけですから、どうしていきたいのか、国に任せるのではなく都としても主体的に関与して協議の上ですり合わせて双方がお互いに納得のいく結論を出したうえで会見をしてほしい」と自らの見解を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月26日のニュース