山里亮太「一生許さない」同期キンコンへの嫉妬心あおった養成所時代の「クソみたいな授業」

[ 2020年11月26日 10:41 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が25日深夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。吉本興業の養成所時代に憤りを覚えた授業について語った。

 21日放送の関西テレビ「おかべろ 2時間生放送SP」でNSC(吉本総合芸能学院)の同期にあたる「キングコング」西野亮廣(40)と共演した山里。収録の様子について語りながら「22期っていうのは“嫉妬の期”と言われてて、キングコングというスーパースターが超優遇されていた」と養成所時代を振り返った。

 「キングコングが受賞するシーンを流すっていうクソみたいな授業」があったことを明かし、「一生許さないって思ってんだ、アイツ。1時間何もしゃべらないで“見ろ、これが”みたいなことを言いやがって」と当時の講師への不満を吐露。「今思えば、俺たちの嫉妬心をあおる作戦だったのかもしれない」としながらも、「そんな作戦立てられそうな人間でもなかったけどね」と毒を吐いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月26日のニュース