渡辺美奈代 肝臓と骨に問題あり、人間ドックの結果に驚き「え、どういうこと?」

[ 2020年11月26日 21:36 ]

渡辺美奈代
Photo By スポニチ

 タレント、渡辺美奈代(51)が26日放送のテレビ東京「主治医が見つかる診療所 芸能人人間ドックSP!」(後7・53)に出演。検査の結果、肝臓と骨に問題があると診断され動揺した。

 アルコールを飲まず、朝はソイラテのみ。昼食はガッツリ食べるも、夕食はサラダ・ゆで卵など。メニューに気を使っているとアピールした渡辺。一方で、お菓子がやめられないとも。食後の楽しみはポテトチップス、大好物の甘いケーキであることも明かした。

 今回、番組の企画で超音波エコー検査を受けた。すると「脂肪肝を発症していると考えられる」との診断が。肝臓に脂質が多くたまった状態。放置すると肝臓の働きが低下し、肝硬変などを引き起こす可能性がある。番組主治医は、「渡辺さんは隠れ肥満だと思います、体重の割に体脂肪率が高い。30%を超している」とコメントした。

 運動不足も指摘された渡辺は、「体重が1、2キロ増えてるかも」としょんぼり。健康器具・ブルブルマシンを挙げ「ブルブルに乗る」と誓った。

 さらにCT検査では「仙骨」の中に白いものが映っており「仙骨腫瘍」の疑いがあるとされた。渡辺は「え、どういうこと?」とビックリだ。大きくなった腫瘍が骨を破壊して飛び出す場合もあり、最悪の場合激痛で歩けなくなるという。

 「場所的には尾てい骨から5センチくらい上の骨の中。骨の腫瘍といえば一番怖いのは骨肉腫、そういうものではない」と医師。経過を観察し半年・1年後の再診をアドバイスされた渡辺は、真剣な表情でうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月26日のニュース