梅沢富美男 長女の授業参観で“梅沢節”さく裂、後日PTA側からは「2度と来ないで…」

[ 2020年11月26日 22:49 ]

俳優の梅沢富美男
Photo By スポニチ

 俳優の梅沢富美男(70)が26日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演し、娘の授業参観時に起こったエピソードを語った。

 梅沢は小さい頃から大衆演劇を生業(なりわい)とし、全国を飛び回る日々。そのため子どもの授業参観にもなかなか行けずにいた。そんなある日「たまたま行ける日があって、長女の授業参観に参加した」という。

 教室の後ろから授業の様子をうかがっていた梅沢。すると「子供たちがギャーギャー騒いでたんだよ。先生が黒板に(文字を)書いて『これはですね』って言っても、子供たちは聞いてないのよ」と、あきれた表情。

 その状況に梅沢は辛抱たまらず「何やってんだ!」「先生の言うこと聞いてんのか!」と、子供たちに怒声を浴びせたという。先生に対しては「こうやって騒いでいる子がいるなら廊下に出しなさい。先生にはそういう権限があるんですから」と言い聞かせたそうだ。

 さらに「それをグダグダ、後で言ってるような親がいたら、それはそれで俺も言ってやるから」「とにかく先生、勉強だけは教えてください」と梅沢。しかし後日、「そしたら、家の母ちゃんにPTAの役員の方が『2度と梅沢さんは来ないでください』(と言ってきた)」という。

 そんな強烈エピソードに、スタジオの面々は大笑い。MCの垣花正アナウンサー(48)は「そんな授業参観の話、初めて聞きましたよ」と、驚きを隠せずにいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月26日のニュース