櫻井翔 大野智は「本当にすごい才能だな、天才だな」としみじみ

[ 2020年9月22日 00:13 ]

「嵐」櫻井翔
Photo By スポニチ

 「嵐」の櫻井翔(38)が21日、日本テレビ「news zero」に出演。東京・六本木ヒルズで5年ぶり3度目の個展「FREESTYLE 2020」を開催している大野智(39)について「本当にすごい才能だな、天才だな」としみじみと語った。

 番組の特集で11月8日まで開催されている大野の個展の様子を紹介する様子を見ていた櫻井は「本当に僕も感動しました。中学生くらいの頃かな。大野が、僕に見せると爆笑するからって、ちょっと変わった絵を描いていたんですけど、よく見せてくれていたんですよ。それが今、六本木ヒルズのあんな会場であんな規模でなんて見たときに、本当に胸がいっぱいになりましたし、そして作品を見たときに、本当にすごい才能だな、天才だなって思う」と熱く語った。さらに「展示を見ると小学生の頃に描いた絵とかもあるんですけど、それから見るとレベルの飛躍がとてつもなくて、自分の納得するまで極めたい人、突き詰めたい人なんで、今見えている才能の下に、信じられないくらいの努力が詰まっているんじゃないかな、と感じられる個展でした」と続けた。

 大野は、個展に至るまでの苦悩なども紹介。展示されている縦2.2メートル、横1.6メートルの大きなキャンバスに鮮やかな彩色をほどこして、ポップに喜多川前社長の肖像画を描いた新作については「いろんな経験をされている人だから。ユーモアもあって、何でも持っている人だから、もうカラフルだな。今までと全然違うひとつのやり方が見つかった。開けた感じもある」と説明。また、「嵐」の活動休止後について「来年になって、描きたいっていう気持ちになるのかならないのかも想像できないし…マジで何も考えていないから。描きたくなったら描くっていう感じかな」と語る様子が紹介された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月21日のニュース