石黒賢 デビュー作で共演の“先生”斎藤洋介さんを追悼「共演するたびに『頑張ってるな』って」

[ 2020年9月21日 15:48 ]

俳優の石黒賢
Photo By スポニチ

 俳優・石黒賢(54)が21日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に生出演し、19日に69歳で死去した俳優・斎藤洋介さんとの思い出を語った。

 石黒は83年、TBS系ドラマ「青が散る」で俳優デビューし、大学のテニス部の部員役で主演した。テニス部の顧問で、大学教授を演じたのが斎藤さんだった。「僕はその時ぺえぺえで、たくさんお話をさせていただいた記憶はないんです」と恐縮した思い出を振り返りつつも、「その後、共演するたびに『頑張ってるな』『頑張ってるな』って言ってくれたのはすごく記憶に残ってます」と、会うたびに温かく激励されたという。

 アクの強い役も多く、個性派俳優として活躍した斎藤さんだが、石黒は「瞳が優しい人でね」と話し、奥底にある人柄の温かさが印象深かったという。「本当に残念ですね。最近知っている方が亡くなっていることが多いのが寂しいですね」とつぶやいた。

 斎藤さんは19日に都内の自宅で夕食後に体調不良を訴え、午後7時ごろ救急搬送された。夫人が付き添っていたが、搬送中に心肺停止状態に陥り、同日死去した。7月に見つかった咽頭がんの治療中でもあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月21日のニュース