「欅坂46」改め「櫻坂46」で再出発!グループカラーは白、菅井友香「誇り高いグループに」

[ 2020年9月21日 06:00 ]

10月から新グループ名「櫻坂46」として新たに活動することが決まった「欅坂46」
Photo By 提供写真

 今年7月にグループの改名と再出発を発表していたアイドルグループ「欅坂46」の新グループ名が「櫻坂46」に決定した。20日、所属レコード会社が発表した。同日夜、東京・渋谷駅前の街頭ビジョンでも告知された。

 由来となったのは東京・六本木ヒルズの「けやき坂」と並行する「さくら坂」。欅坂と同様「さくら」の漢字表記の旧字体「櫻」を使用する。これまで緑だったグループカラーも白に刷新する。

 欅坂46は、秋元康氏(62)のプロデュースで2015年に結成。これまで8枚のシングルを発売し、いずれも平手友梨奈(19)がセンターを務めた。今年1月に平手が脱退。その後も主力メンバーの卒業が相次いだ。今年7月には、10月12、13日のライブで「欅坂46」としての5年間の活動を終えることが発表された。

 キャプテンの菅井友香(24)は「日本を代表する花の名前をグループ名として名乗れることを凄くうれしく感じましたし、この名に恥じないような誇り高いグループになりたいと強く思いました」とコメント。10月の“ラストライブ”は、新型コロナウイルスの影響で無観客の配信となったが「欅坂46としての私たちも、そして櫻坂46として生まれ変わる私たちもこれまでのように見守っていただけたらうれしいです」と呼び掛けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月21日のニュース