弘中アナ&田中みな実が仲良しエピソード披露も…山里亮太が斬り込み「“首狙ってる目”してる時ある」

[ 2020年9月21日 21:53 ]

弘中綾香アナ(左)と田中みな実
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(29)が21日放送のテレビ朝日「キスマイ10周年でやれるかな?テレ朝人気番組の裏側に潜入しちゃった ほぼ3時間SP」(月曜後6・30)にVTR出演。尊敬するフリーアナウンサーの田中みな実(33)の影響で始めたあることを明かす場面があった。

 10月開始の新番組「あざとくて何が悪いの?」で共演する弘中アナは「(田中が)本当に細すぎて隣に並びたくないんです」といい“恥ずかしくない自分”になるため、皮膚科・鍼・鍛える系ジム・姿勢矯正ジム・ピラティスと自己鍛錬に努めているそう。また、食事にも気を使っているそうで、昼食はなんと焼きいも1本。「めっちゃ恥ずかしいんですけど…自分で焼きました。実は田中みな実さんに教えてもらったんですけど。みな実さんがおすすめするものは絶対いいって信じてるので」と明かした。

 これに対し、田中は「腹持ちがいいし、食物繊維も豊富だし、油分もないし良いことばっかりだと思って」と理由を説明すると、弘中アナが自宅に遊びときに来た際の出来事を披露。「帰りに『おいも持っていく?』って言ったら『いいんですか~?おいも大好きなんです~!』って。『しかもふかしてあるぅ~親切~!!』って言われて、おいも2本でこんなに喜んでくれる子がいるんだって。キュンとしちゃいました」とほのぼのエピソードを明かした。

 ここに切り込むのが、同じく共演するお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)。「気を付けなきゃいけないのは、(弘中アナが)田中みな実さんの軍門に降っている感だしてるけど、何回かに1回、田中みな実さんの“首狙ってる目”してる時がある。あの野心家がずっと『みな実さん!』なんて言ってるわけないじゃない。そりゃ寝首かくよ、戦国時代だったら1番そばに置きたくないよね」と大げさに話してスタジオを沸かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月21日のニュース