赤江珠緒アナ スイーツ食べ放題でケーキ10個食べた経験語る「塩昆布が1枚あれば、あと1個2個」

[ 2020年9月21日 17:03 ]

フリーアナウンサーの赤江珠緒
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー赤江珠緒アナ(45)が21日、TBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)に生出演し、スイーツについて場面があった。

 
 この日のメッセージテーマは「私のチャージ」。リスナーからの「スイーツの食べ放題に行くことに(パワー)チャージされていると感じる」というメッセージを紹介し、赤江アナは「最近は行っていませんが、行くと複数食べて。塩昆布が1枚あれば、あと1個2個いけるんだけどなっていう…。『マイ塩昆布』を持っていきたくなる」と体験談を話した。

 月曜パートナーのお笑いタレント・カンニング竹山(49)から、何個ぐらい食べるのか?と問われ、赤江アナは「だいたい10個いきますよ。いろいろな種類が食べられるようにケーキの大きさはちょっと小ぶりで。10代、20代ぐらいのときは10個はいっていたと思いますね」とし、「今はケーキのほかにパフェとか、変わったやつもあるかもしれない」と補足した。

 それに対して竹山は「(ケーキは)2つで限界。俺、生涯パフェを丸ごと1個食べたことがないかもしれない。子供のときも頼むと怒られていたから。今も『食べたい』と思うことはあんまりない」と明かすと、「え~?時々食べたくなりません?」と驚いた赤江アナ。「タテ型のツボみたいな容器に入っている魅惑の食べ物。それを長いスプーンでね、混ぜているとアイスと生クリームがいい感じになって」と熱く語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月21日のニュース