22日開幕、王将戦挑戦者決定リーグ 永瀬2冠、藤井2冠に教わった!?ショートケーキの食べ方

[ 2020年9月21日 05:30 ]

第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

笑顔をみせる永瀬拓矢2冠(左)と藤井聡太2冠(撮影・MEGUMI)
Photo By 提供写真

 【全員タイトル経験者!最強対談(3)】将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは22日の藤井聡太2冠(18)―羽生善治九段(49)戦で華々しく幕を開ける。渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=への挑戦権を争う7人は今期も棋界を代表するトップ棋士ばかり。激戦を前に対談形式で意気込みを聞いた。第3回は藤井2冠と永瀬拓矢2冠(28)。

 ――練習将棋仲間として有名な2人。きっかけは3年前の非公式戦とか。

 永瀬 初めてお会いして、本人の前で言ったことはないのですが、自分が受け取った印象と聞かされていた印象が違って、凄く謙虚でした。

 藤井 メールで(練習将棋のオファーを)頂いて驚きました。当時から非常に活躍されていたので、そういった方に教えていただけるのはありがたいと思いました。

 ――当初の印象は?

 藤井 自分はかなり負けていたのは覚えていますが…。

 永瀬 初めての練習対局が日曜日で食事のできる店がない。そしたら藤井2冠が「自分が走ってお弁当を買ってきましょうか?」って言うんです。「そんなことさせたら日本将棋連盟に怒られる」と答えたのを覚えています(笑い)。

 藤井 とても親切な方です、盤を離れたところでは(笑い)。永瀬2冠の研究室にうかがうとペットボトルが30本くらい置いてあって自由に飲んでいいよと。そういった気遣いはとても勉強になります。

 永瀬 名古屋では藤井2冠からショートケーキの食べ方を教えていただいて。いつイチゴを食べるのか。自分は最後ですが…。

 藤井 自分は最初派。

 永瀬 それでなるほど~と思い、以来最初に食べるように変えた。何事も形から見習おうと(笑い)。

 藤井 はははは。

 ――挑決リーグに向けては?

 永瀬 メンバーは割といつも当たっている方という印象です。強い方と指せるのは、これ以上ないことだと思います。

 藤井 去年初めてリーグに入り、非常に勉強になりました。今年も去年同様に強い方ばかりなので楽しみにしています。実力をつけていいコンディションで臨まなければという気持ちは持っています。

 ――昨年は広瀬章人竜王(当時)にまさかの逆転負け。気持ちの切り替えは得意?

 藤井 全く引きずらないわけではないですが、ひとまず普段通りに寝る。あとは頑張って…(笑い)。

 ――永瀬2冠は意外にも初出場。

 永瀬 始まってみないとどういう感じか分からない部分もありますが、精いっぱい準備をして粘り強くやっていきたい。

 藤井 自分もいい状態で一生懸命指して、その中で何か収穫とか得られるものがあるようにしたいなと思っています。(構成・我満 晴朗)
 
 ◆永瀬 拓矢(ながせ・たくや)1992年(平4)9月5日生まれ、神奈川県出身。安恵照剛八段門下。09年四段、16年の棋聖戦でタイトル初挑戦。19年には叡王戦、王座戦と立て続けにタイトルを奪取した。

 ◆藤井 聡太(ふじい・そうた)2002年(平14)7月19日生まれ、愛知県出身。杉本昌隆八段門下。16年に史上5人目の中学生棋士となり、デビュー以降29連勝の新記録を樹立。今年は棋聖、王位を連続奪取して史上最年少八段・2冠に。

 ※インタビューはlivedoorNEWSでも掲載

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月21日のニュース