上白石萌音、ウエンツ瑛士とボイトレの先生が一緒 “共演”に喜び「一緒に歌えるなんて」

[ 2020年9月21日 14:32 ]

映画「トロールズ ミュージック★パワー」完成披露イベントに出席したウエンツ瑛士(左)と上白石萌音
Photo By スポニチ

 女優の上白石萌音(22)、タレントのウエンツ瑛士(34)が21日、都内で行われたアニメーション映画「トロールズ ミュージック★パワー」(ウォルト・ドーン監督、10月2日公開)完成披露イベントに出席。

 上白石はウエンツと「もともと仲良くしていただいてて同じボイトレの先生に習っている」と明かし、「いつかご一緒出来たらいいなって思っていた。まさかこんなにいっぱい絡みがある作品で、歌まで一緒に歌えるなんて」と“共演”を喜んだ。

 ウエンツも上白石との“共演”に「女優さんとしてはもちろん、歌も素晴らしいと知っていた。一緒に出演する作品でキャラクターとして声を重ねられる喜びがあった」とにっこり。また、本作の吹き替えはイギリス留学後の仕事となり、「帰ってきた僕を知らないのに声をかけていただいた。大丈夫かなと心配だったけど期待にそえるよう頑張ろうと思った」とオファー時を振り返った。

 上白石が演じた主人公のポピーは、米国版ではアナ・ケンドリックが声をあてている。アナ・ケンドリックのことが「大好きなんです。あこがれの人」といい、「まさかケンドリックさんの吹き替えができるとは。楽しみ半分、不安半分みたいな感じだった」と感無量の様子だった。

 お笑いコンビ「ミキ」の昴生(34)は声優初挑戦で「ずっと緊張感の中でやっていました」とドキドキのアフレコ現場を回想。すると、別作品で先に声優デビューを果たしていた弟の亜生(32)が、「自分を捨ててせりふを完全に頭に入れてから言う。役に“なりきる”んじゃなく“なる”って彼にアドバイスした」とドヤ顔で先輩風を吹かせると、昴生が「アクリル板なかったらしばいてるからな」とイラ立っていた。

 イベントには、仲里依紗(30)も出席。劇中歌のスペシャルメドレーを歌唱するミニライブも行い、配信を観ているファンを喜ばせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月21日のニュース