NHK来春朝ドラは清原果耶がヒロイン「おかえりモネ」舞台は宮城 気象予報士を描く「大切な人を笑顔に」

[ 2020年5月27日 15:05 ]

来年2021年度前期の連続テレビ小説「おかえりモネ」のヒロインに決定した清原果耶
Photo By スポニチ

 NHKは27日、来年2021年度前期の連続テレビ小説が、女優の清原果耶(18)がヒロインを務める「おかえりモネ」に決まったと発表した。脚本は清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」やテレビ東京「きのう何食べた?」で知られる安達奈緒子氏のオリジナル作品で、現代の宮城県を舞台に気象予報士を目指す主人公を描く。清原は昨年前期の朝ドラ100作目「なつぞら」でヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)と生き別れた妹・千遥を好演。“未来の朝ドラヒロイン”の呼び声も高かった。

 朝ドラ通算104作目。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県・気仙沼に生まれ、「森の町」同・登米で青春を送るヒロイン・百音が東日本大震災で被災した故郷に「かつての活気を取り戻したい」と気象予報士の資格を取って上京。そこで得た経験や技術を生かして、故郷に貢献する道を探る姿を描く。

 清原の朝ドラ出演は15年後期「あさが来た」、昨年前期「なつぞら」に続き、3作目。同局を通じて「この度、2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロイン永浦百音役を演じさせていただくことになりました。『私、10分先の未来を予測したいです!』。百音ちゃんのその言葉に、私は励まされました。『あの時、ああすれば良かった?』なんて考えてしまうことも少なくないような世の中で、力強く生きる彼女だからこそ、開ける空があるのではないかと思っています。気象予報士のお仕事を通して助けられる誰かを、大切な人を笑顔にしたい。そしてドラマを見てくださる皆様それぞれに芽生える朝が来ますよう今一度、作品創りの尊さとしっかり向き合いながらスタッフ・キャストの皆々様と誠心誠意お届けして参ります。『おかえりモネ』よろしくお願いいたします」とコメントした。

 俳優の窪田正孝(31)が主演を務め、現在放送中の102作目「エール」、女優の杉咲花(22)がヒロインを務める次回作(103作目)「おちょやん」に続く。

 新型コロナウイルスの影響により「エール」の撮影は4月1日からストップ。9月28日スタート予定の「おちょやん」もクランクイン直後の4月7日に収録が中断。「おかえりモネ」の放送開始に影響が出る可能性もあるが、NHKは「【放送予定】2021年春」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月27日のニュース