安藤優子氏 京アニ放火容疑者に「すべてを語る大きな責任がある」カンニング竹山「動機語ってほしい」

[ 2020年5月27日 14:11 ]

安藤優子
Photo By スポニチ

 ニュースキャスターの安藤優子氏(61)が27日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオ(京都市伏見区)で昨年7月、36人が死亡した放火殺人事件で、京都府警が同日に殺人や現住建造物等放火などの疑いで、無職青葉真司容疑者(42)を逮捕したことについてコメントした。

 逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、第1スタジオ玄関から侵入して1階でガソリンをまいて放火し、スタジオにいた36人を殺害、34人を殺害しようとした疑い。33人が重軽傷を負い、うち1人は現在も入院している。

 安藤氏は、容疑者について「懸命に生かされた命ですから、本当のことをつまびらかにすべてを語る大きな責任があると思います」と自身の見解を述べた。

 また、お笑いタレントのカンニング竹山(49)も同件についてコメントし、容疑者の今後の取り調べについて「いいわけではなくて、動機だけはちゃんと語ってほしい」と厳しい表情で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月27日のニュース