マエケン 無観客試合で「僕は全然だめでボコボコに打たれる」その理由

[ 2020年5月27日 13:05 ]

ツインズの前田健太
Photo By スポニチ

 米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で自主トレを続けるツインズの前田健太投手(32)が26日深夜放送のフジテレビ「石橋、薪を焚べる」(火曜深夜0・25)にゲストとしてリモート出演し、無観客試合について語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、野球界などで無観客試合が検討されていることについて、前田は「無観客はすごい難しいです。気持ちが上がらないというか…、オープン戦などでやったことがあるんですが、僕は全然だめでボコボコに打たれるんです」と明かした。

 そして「気持ちが上がらなかったりだとか、シーンとしていると集中できなかったりだとか。シーンとしていると、その“シーン”に集中力がいってしまう、『あっ、静かだな』みたいに。逆に声援がある方が、その声援が気になっていない」と自らの“心理”を説明し、「三振取ったり抑えたりした時に拍手が起こったり声援があったりして気持ちがグッと上がる」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月27日のニュース