古舘伊知郎、橋下徹氏に一言「総理に優しすぎ」安倍首相の言葉は「“タキシード”着てるんですよ」

[ 2020年5月27日 16:50 ]

フリーアナウンサーの古舘伊知郎
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(65)が27日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に出演し、元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)に苦言を呈す場面があった。

 番組で議論を深めた古舘は、総括として「橋下さんはね、安倍総理に優しすぎる」と一言。苦笑する橋下氏は「僕は安倍さんがやってきたことに賛成することが多いし、大阪の改革には安倍さんと菅(官房長官)さんの強力な力をお借りしたので。やっぱりそれはありますよ。ただ、ダメなところはダメと言ってるつもりなんですが、甘いですかね?」と問いかけた。

 「比較しちゃ悪いけど、大阪の吉村府知事とかニューヨークのクオモ知事とかはね『自分の言葉』で、もっと言えば『自分の声』で話していますよ」と古舘。「やっぱり総理の言葉は“タキシード”を着てるんですよ。プロンプター見て“歌い上げられる”と、何について話しているのか。『具体的にもっと言って欲しい!』というふうに駆られる人も多いと思うんですよ」と訴えた。

 橋下氏は「キャラを前面に出すと、ものすごく批判もあるわけじゃないですか」といい、「そういうキャラを出せることは、みんながみんな出せる人じゃないと思うんですよね」と意見を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月27日のニュース