八代英輝氏 京アニ放火殺人、容疑者逮捕で「裁きの場までこぎつけ…医療関係者の皆さまに感謝」

[ 2020年5月27日 13:37 ]

八代英輝弁護士
Photo By スポニチ

 国際弁護士・八代英輝氏(55)が27日、TBS系「ひるおび!」(月~金曜前10・25)にリモート出演。昨年7月、アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオ(京都市伏見区)で36人が死亡した放火殺人事件で、京都府警がこの日、殺人や現住建造物等放火などの疑いで、無職青葉真司容疑者(42)を逮捕したことについてコメントした。

 逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、第1スタジオ玄関から侵入して1階でガソリンをまいて放火し、スタジオにいた36人を殺害、34人を殺害しようとした疑い。33人が重軽傷を負い、うち1人は現在も入院している。青葉容疑者も重いやけどを負い、治療とリハビリを行ってきたほか、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、事件発生から10カ月を経ての逮捕となった。

 八代氏は「司法関係者は、みな同じ気持ちだと思うんですけど、容疑者を死なせることなく司法の裁きの場までこぎつけさせてくださった医療関係者の皆さまに感謝です」とコメント。今後については、動機なども含めて「じっくり解明ですね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月27日のニュース