「カイキゲッショク」反骨精神の歌詞 内田裕也さん&ジョー山中さんイズム継承

[ 2020年5月27日 05:30 ]

「KILL COVID」を緊急配信したHIRO
Photo By 提供写真

 音楽集団「カイキゲッショク」が「KILL COVID ~いまROCKがヤレること!?」と題した曲の配信をこのほどスタートさせた。

 政府が新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を全面解除したのに合わせての緊急リリース。後手後手の安倍政権への批判も盛り込みながら「降りやまない雨はない」と訴えている。

 リーダーのHIRO(52)は故内田裕也さんや故ジョー山中さんの魂を受け継ぐ存在で、歌手AI(38)の夫としても知られる。「震災など国難が起これば、いち早くアクションを起こしてきた裕也さんとジョーさんのイズムを継いでいきたい」とHIROは緊急配信の意義を強調。いまだ届かないアベノマスクなど政権の初期対応のまずさを「全てあべこべ なのにつべこべ」といった歌詞に包むなど、裕也さんばりの反骨精神も発揮。「まだまだ油断大敵です。これは第1弾。大みそかの『ニュー・イヤーズ・ワールド・ロック・フェスティバル』につなげたい」と熱く語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月27日のニュース