EXILE THE SECOND 初ベストアルバム発売イベント、厳戒態勢の中1800人が大盛り上がり

[ 2020年2月23日 18:47 ]

初のベストアルバム発売記念イベントに登場した「EXILE THE SECOND」の(左から)SHOKICHI、NESMITH、黒木啓司、TETSUYA、橘ケンチ、AKIRA
Photo By スポニチ

 6人組ダンスボーカルユニット「EXILE THE SECOND」が23日、兵庫・西宮の「西宮ガーデンズ」で、22日にリリースした初のベストアルバム「EXILE THE SECOND THE BEST」の発売記念イベントに登場した。

 新型コロナウイルス肺炎感染拡大が心配される中、会場入り口では「マスクをするように」とスタッフが呼びかけ、10数本の消毒用アルコールスプレーが設置されるなど厳戒態勢。それでも大阪、京都だけでなく愛知、千葉などから1800人のファンが集結した。

 イベントは「FM OH!」の番組「赤maru」(月~木曜後2・00)で24日に放送される公開収録。21、22、25、26日に京セラドームで開催中のライブの中日で「2日間やって(体に)結構出てますね」とSHOKICHI(34)、黒木啓司(40)が声をそろえた。メンバー6人がそろって、屋外会場でファンを前にトークのイベントに出演するのは初めて。この日も関西のファンが多く、「(京セラ)ドームの雰囲気は日本で1番。皆が自分勝手に騒いでくれて、やりやすい場所」と黒木。「大阪のファンはファミリー。全体で楽しんで、盛り上がって、パフォーマンスにも力が入る。お客さんに乗せてもらえます」とAKIRA(38)も手応え十分の顔を見せた。

 番組のDJ・赤松悠実(30)から、ライブでの印象が発表され、AKIRAは「大きい」、橘ケンチ(40)は「セクシー」、TETSUYA(39)は「お上手」、黒木は「ずるい」、NESMITH(36)は「歌って踊って、すごい」、SHOKICHIは「ピアノ」と微妙?なコメントをもらい、6人は思わずツッコミを入れるなど大盛り上がりだった。

 4月から始まる全国アリーナツアー「EXILE THE SECOND PERFECT LIVE 2012▼2020」を、22日発売の「瞬間エターナル」「Celebration」や、黒木が初めて作詞に挑戦した「Story」などを収録したアルバムを引っさげて開催する。12年に結成して7年経っての初アルバム。橘は「積み重ねてきたモノの集大成。7年は遅いけど、思いの詰まった作品になりました」とPR。AKIRAも「集大成イコール進化。新しい一面を楽しみにしてください」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月23日のニュース