長野智子キャスター クル-ズ下船後初の陽性に「公共機関で帰る…政府は検証し国内外に説明を」

[ 2020年2月23日 18:41 ]

長野智子キャスター
Photo By 提供写真

 長野智子キャスター(57)が23日、テレビ朝日「サンデーステーション」(日曜後4・30)に出演。栃木県が22日にクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた栃木県の60代女性が新型コロナウイルスに感染していたと発表したことに言及した。

 女性は14日間の経過観察期間に行われた検査では陰性と判断されて下船し、その後陽性となる初めてのケースになる。女性は下船後、厚生労働省の許可で公共交通機関を使って自宅の最寄り駅まで移動し、駅から友人の車で帰宅している。

 長野キャスターは「私、この1週間、実は海外にいましてBBCやCNNでニュースを見ていたんですが、やはりトップニュースはこのダイヤモンド・プリンセス号のことでした」と指摘。そして「一番気になったのは、やはり(各海外メディアの)リポーターたちが下船の後に隔離をせずに公共機関で帰るという、こうしたことで政府がまさに感染の拡大を自らしていると批判をしていることだったんですね。これについては政府がきちんと検証して国内外に説明する必要があると思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月23日のニュース