博多大吉、さんまが「お酒を飲まない」理由 娘・IMALUも納得「分かります」

[ 2020年2月23日 09:48 ]

お淡いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉(48)が22日深夜放送のテレビ東京「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(土曜深夜0・50)に出演。お笑いタレント・明石家さんま(64)の、お酒にまつわるエピソードを披露した。

 この日のゲストは、タレントのIMALU(30)。デビューのきっかけについて話す中「2人とも楽しそうに仕事してるじゃないですか」と、父のさんまと、母で女優・大竹しのぶ(62)の仕事ぶりに触れた上で「大変そうにしてたら、この世界には入っていなかった。楽しそうですもん2人とも」としみじみ話した。

 家でのさんまの様子については「ずっとしゃべってます」と明かすと、大吉は「お酒を飲まないのは、それが理由って聞いたことがある。ずっとしゃべっていたいって」と切り出し、さんまとの酒の席を振り返った。「福岡で1度飲ませてもらったことがあるんですけど、4時間かけて1杯も減らなかった。後輩だから、注文しないといけないからずっと見てるんですけど、飲む前にもう1回しゃべる」。

 これにMCの「TOKIO」松岡昌宏(43)が「打ち上げとかでも、(1杯の)半分ぐらいですもんね」とうなずくと、IMALUも「分かります。ごはんも、食べながらしゃべるから全部出てるんですよ。食べてるのかな?みたいな…」とユーモアを交えながら同調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月23日のニュース