新型コロナ、医学博士の中原英臣氏「インフルよりちょっと怖い病気」も寺嶋毅教授は「10倍怖い」

[ 2020年2月23日 16:12 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 23日放送のテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」(日曜正午)は、専門家を招いて「首都圏でも感染拡大 新型コロナウイルスから身を守るには!?SP」と題して放送された。

 新型コロナウイルスについて、医学博士の中原英臣氏は「新型コロナウイルスはインフルエンザよりちょっと怖い病気だと思ってください。ちょっと皆さん、怖がり過ぎている。WHOは80%以上は軽症だと言っている。だから皆さん、インフルエンザになったことあるでしょ。入院した方いらっしゃいます?」と指摘。一方、東京歯科大学教授の寺嶋毅氏は「僕はインフルエンザの10倍怖い。インフルエンザに比べると致死率も。(中原氏は)軽症の方が80%とおっしゃいましたけど、ということは20%は、10人に2人は重症になる」と話し、専門家の間でも見方は分かれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月23日のニュース