「麒麟がくる」長谷川博己「早う入れ」に“キュン死”視聴者続出!門脇麦が明かす駒&光秀の焚き火シーン

[ 2020年2月23日 20:50 ]

大河ドラマ「麒麟がくる」第6話。美濃に帰る途中、寺で一夜を明かす光秀(長谷川博己)と駒(門脇麦)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の長谷川博己(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)は23日、第6話が放送された。終盤、美濃に帰る途中、主人公・明智光秀(長谷川)と、女優の門脇麦(27)が好演している娘・駒が一夜を明かすシーンに、インターネット上には「キュン死」「胸キュン」の視聴者が続出した。

 大河ドラマ59作目。第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを当てる。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。

 第6話は「三好長慶襲撃計画」。京で開かれる連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)が、晴元を凌ぐ実力者となろうとしている三好長慶(山路和弘)と松永久秀(吉田鋼太郎)を暗殺しようと計画していることを光秀(長谷川)は知る。将軍・足利義輝(向井理)の治世の下、京の安寧が崩れることを恐れ、三淵藤英(谷原章介)と細川藤孝(眞島秀和)らと協力し、松永らを救う。しかし、光秀は負傷。望月東庵(堺正章)の診療所へ運び込まれ、駒(門脇)と久々の再会を果たす…という展開。

 寺を見つけ、火を焚(た)いて一夜を明かす2人。光秀は「駒殿が気になる。ここへ入らぬか。頼む、入ってくれ。そうでなくては眠れぬ。早う入れ。構わぬ、ここで寝よ」と駒の右肩を抱き、一緒に寝ることに。ネット上には「駒殿キュン死の回」「駒殿と十兵衛殿の焚き火シーンに、こんなに胸キュンするとは思わなかった」「『早う入れ』に、だいぶキュンとしてしまいました」「十兵衛の表情と言葉にテレビの前で倒れた人がかなりいたはず笑#キュン死」「今回は長谷川博己のイケメン度が爆上がりした回。こんなのキュン死にしないわけないよ」などの書き込みが相次いだ。

 これまでも光秀に対する駒の“恋心”は描かれてきたが、体も密着する一気の最接近。門脇は「火を焚くという描写は台本にはなく、監督のアイデアで足された設定でした。揺れながら、だんだんと消えていく炎が駒の心情と、歌とピタリと重なって、あのシーンの空気感を丸ごと包み込んでくれたように思います」と振り返った。

 チーフ演出の大原拓監督は「今と違って、いつでもどこでも何度も会えないのが戦国の世。しかも、思い人と再会するなど、ほぼあり得ない。そうした時代観を背景にしているからこそ、より恋心が募る。そうした思いを抱えた駒が、光秀にドギマギしまくりました。少女のあどけなさと恋する女性の表情を行ったり来たりするのを、門脇さんが巧みに表現してくれて、とても魅力的に、かつキャラクターの幅や奥行きを広げてくれました」と絶賛した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月23日のニュース