指原莉乃 イベント中止判断の事業者任せは「責任が大きすぎる」

[ 2020年2月23日 11:02 ]

タレントの指原莉乃
Photo By スポニチ

 タレントの指原莉乃(27)が23日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。新型コロナウィルスの感染拡大について言及した。

 感染拡大を受け、アイドルグループ「嵐」の北京公演中止など、各地でスポーツイベント、芸能イベントなどの開催中止などが続いている。

 指原は「私もアイドルグループをプロデュースしているので、接触する系のお話するような会は私のグループもそうですし、AKBグループも乃木坂だったり、中止していると聞きました」とコメント。さらに「コンサートに関しては、保険が下りないんです。天候、雷とか嵐だったら、(保険に)入っているので、損害はないんですけど…」とし、「基本的にコンサートは大損害。だから、基本的に、どこもやってますよね」と国内のコンサートが中止できない事情を明かした。

 そういった状況の中で、イベントの中止・延期の決定はイベント事業者などの判断に任せられている。指原は「ここの団体だったり、事務所だったり、判断を任せるのは責任が大きすぎる。だったら、日本からダメです!って言われたら、当然、中止する。損害とかそういう問題じゃない」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月23日のニュース