張本勲氏 “筋肉隆々”の大谷翔平に「プロレスじゃない」、新井貴浩氏は「選手によって…」

[ 2020年2月23日 15:19 ]

練習後に米メディアの取材に応じる大谷(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(79)が23日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。筋骨隆々の肉体に変身しつつあるエンゼルス・大谷翔平投手(25)に苦言を呈した。

 大谷のVTRを見た張本氏は「ダメだねぇ、大谷は。あんな体つくっちゃダメ。プロレスじゃないんだからね。野球に必要なものだけでいいんですよ」とし、「ケガしますよ。体の大きな人はね、ひざに負担がかかるから。まして人工芝ですから。非常にケガが多くなります。ウエートトレをしても、それ以上走ればいいですけど。上半身ばっかり鍛えてもダメ」と話した。 

 また、ゲスト出演した元広島主砲で野球評論家の新井貴浩氏(43)は「イチローさんもメジャーに行って体を1回大きくされているんですね。フリーウエートって重たいものを持ち上げて筋肉をつけて大きくなられたんですけど、それによって自分のバッティングの感覚がおかしくなってきたっておっしゃってた。それ以降はフリーウエートをやらずに初動負荷と言いまして軽いおもりで肩甲骨や股関節の可動域をしなやかに強く鍛えるトレーニングをされていた」と説明。そして「選手によって合う合わないがあると思います。(体を)大きくしていいタイプの選手と、大きくするとズレてくる選手と。カープの菊池選手もそうなんですけど、彼もフルウエートして体を大きくして全く感覚が合わなくなった」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月23日のニュース