小池栄子の無茶ぶりは…苦笑の大泉洋「あれで私のMCの仕事なくなっています」

[ 2020年2月23日 19:02 ]

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」の「感謝御礼!舞台挨拶」で泣きまねする大泉洋
Photo By スポニチ

 俳優の大泉洋(46)と小池栄子(39)が23日、都内でW主演映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(成島出監督)の「感謝御礼!舞台挨拶(あいさつ)」に登壇した。

 映画は太宰治の未完の遺作を、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(57)が独自視点で完成させた戯曲の映像作品化。周囲の女性たちを次々とダメにしてしまうモテ男を大泉が演じ、小池と偽夫婦を演じ合った。

 2人の宣伝キャンペーンはこの日が最後。作品名にちなんで、互いに「今だから言える、グッドバイして欲しいこと」を問われた小池は、大泉に対して「キャンペーン中にさまざまな番組で、かなりの暴言を吐きました。あくまでも番組が盛り上がってくれたらいいなと思って。その記憶をグッドバイしていただきたい。都合いいかもしれないけど」と注文。

 さらに「本当の私は大好きだから大泉洋さんのことを。超リスペクトしているので、その言葉だけを持って帰って。本当に番組やりたいよ、あなたと」と新共演番組を誘う一幕も。番組について「わずかでいいので。朝の10分、深夜の10分でも」と続けた。

 しかし大泉は、これまでのキャンペーンを思い出したように「僕、あなたと朝の10分、ちょっと、めんどい(面倒くさい)すね~」と“塩対応”。日本テレビの朝番組「スッキリ」への出演を振り返り、「あなたの無茶ぶりのせいで僕のMCの評判、もの凄く下がりましたよ。やはり大泉にMCは無理だ的な…あれで私のMCの仕事なくなっています」と苦笑した。

 引き下がらない小池は、「じゃあ、私のMCで、毎回ゲストに大泉さんという番組は?今月の洋ちゃん、今週の洋ちゃんみたいな」とリクエスト。「私、まだ全然おなかいっぱいになっていないもん」と、共演し足りないことを強調した。

 大泉は「それも何か嫌でしょ。つらいわ。最後の最後で、こんなこと言うのも何だけど、(一緒に仕事するのは、これくらい程度までで)ちょうど良かったと思います」と思いは変わらなかった。

 その言い分を聞くうちに、小池は「やっぱダメだ。出来ない。けんかになるわ、2週目以降。毎回、反省会の方が長そうだもん。惜しまれつつ…くらいでいい」と考え直した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月23日のニュース