松本人志 ジャニーズ退所の中居に言及「昼にショートメールは来てたけど…」

[ 2020年2月23日 10:10 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(56)が23日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。親交が深いタレントの中居正広(47)が3月いっぱいでジャニーズ事務所を退社することを発表したことに言及した。

 中居は会見で退所の決断について「どなたにも相談せずに1人で決めました。誰にもです。相談するといろんなことを言ってくれる。その期待に応えられるかも分からないですし。自分の中で懸念があったので、全て1人で決めました」と発言。松本の名前が上がると、「この人には言っていたのに、この人には言ってないってなるのもアレなんで。事前に言った人は本当に少ないです。仲の良い友達にも言ってないですし。それこそ本人しか分からない距離ってありますから。あの人に言ってないのはどういうことだって思われるのも別にいいかなあと」と話していた。

 中居からコメントを託していたこともあり、松本のコメントが注目された中、松本は「結構前から『どうなるかわからないけれども、1回、1人でやってみたいな』みたいなことを言ってましたよ」とコメント。「不安もいっぱいあるけど、それも面白く楽しもうかな、みたいな感覚なんじゃないですかね」と続けた。

 「お昼ぐらいにショートメールは来てたんですけど」と告白。「カレ、ちょいちょいあるんですけど、漢字間違えてるから何を言うてるかわからなかった。よくわからなかったけど、どういう意味かな?って。何かは来てはいた」と明かした。

 中居は3月末でジャニーズ事務所を退所し、4月から個人事務所「のんびりな会」で活動。レギュラー番組もすべて4月以降も継続することになっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月23日のニュース