中丸雄一 中居退社に「寂しい」 KAT―TUNに「どうにか入ってもらいたい」

[ 2020年2月23日 09:28 ]

「KAT―TUN」の中丸雄一
Photo By スポニチ

 「KAT―TUN」の中丸雄一(36)が17日、日本テレビ「シューイチ」(日曜前7・30)に生出演。3月いっぱいでジャニーズ事務所を退社することを21日に発表したタレントの中居正広(47)について言及した。

 中居の会見に、中丸は「さすがですね、さすが中居君。一人舞台と化してましたから。こんな会見は見たことはない」と感心しきり。そのうえで「いち後輩として寂しいですね」と本音も。「ネットニュースとかでいろいろと噂は聞いてましたけど、本当にこういう時が来てしまったのかと、ほんと寂しい気持ちですね」と語った。

 SMAPについても「僕ら世代、日本の男性アイドルのトップ・オブ・トップですから。少なからず影響を受けているし、完全な成功モデルケースなので、誰しもがこうなりたいと思っているとは思います」とも。「SMAPがあったので、バラエティーは普通なんだ、ドラマに出るのは普通なんだ、情報番組もあるんだって…感覚の違いは(SMAPで)切り替えがあったと思う」とした。

 中居が会見で「キスマイに入る可能性も1%から99%の間」と発言したことも話題に。外交ジャーナリストの手嶋龍一氏(70)から「儀礼上、KAT―TUNにお誘いしておいたほうがいい」とアドバイスを送られた中丸は「ぜひ、そうですね。どうにか入ってもらいたいですね」と返し、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月23日のニュース