東山紀之 退所発表の中居にエール「関係性が壊れることはない」

[ 2020年2月23日 08:21 ]

少年隊の東山紀之
Photo By スポニチ

 少年隊の東山紀之(53)が23日、司会を務めるテレビ朝日の情報番組「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に出演。3月いっぱいでジャニーズ事務所を退社することを21日に発表したタレントの中居正広(47)に先輩として「関係性が壊れることはない」とし、今後の活躍に期待を寄せた。

 中居の会見について「中居の気遣いと優しさが溢れる会見でした」と表現した東山。VTRを見守り、「中居の顔をまじまじと見たの初めてかもしれない。こういう顔してたんだって。スッキリしたいい顔してるなというのが第一印象。中居らしいと言えば、中居らしい。(記者を)皆さんが来る前から出迎えて…ああいう登場の仕方だったのかなと」と語った。

 自ら記者を出迎えた中居の姿勢にも「エンタテイメントとして考えたら、記者の人にも喜んで帰ってほしい。そういう意味での喜びを与えるのが、本人の使命だってわかっているんだと思う」と理解を示した。

 退所に至った経緯についても「マネジャーやプロデューサーの方も僕らよりも若い人たちは増えてきたので、自分が培った技術は(中居)本人も自信があると思う。型にハマらないようなことをやろうと思った時に、1人でやっていくという決断になったんじゃないかと思う」と憶測した東山。

 今後については「新しい道を常に作っている。これからも彼がどういう道を作っていくのか。どういうチョイスをしていくのか、どんな仕事を選んでいくのか楽しみ。ジャニーズファミリーとして、1度なったんで、関係性が壊れることはない。今後もどういうふうになっていくのか、見ていきたい」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月23日のニュース