バカリズム、乃木坂46・生田絵梨花に“プレゼント”贈るも…「こうやって僕は殻に閉じこもるんですよ」

[ 2020年2月23日 21:46 ]

バカリズム
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのバカリズム(44)が23日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。乃木坂46・生田絵梨花(23)らに“プレゼント”を贈ったエピソードを披露した。

 昨年末、時代劇コメディードラマの撮影で、生田、向井理(38)、中川大志(21)と共演したバカリズム。3人との距離を縮めようと、現場に落ちていた木の枝を「これ、すっごいまっすぐな木じゃないですか」とボケつつプレゼント、会話も弾んだと振り返った。

 その後、撮影が終わり楽屋に戻ると机の上に自身が贈った木の枝が1本、置いてあったという。「あんなに大事そうにしてくれたのに、こんなに分かりやすいところに置いていったのは誰だよ。すごい切ない気持ちになって」とバカリズム。置いていった“犯人”については、「生田さんはこれまで(自身が出演する番組)『バズリズム』にも来てくれて、木の枝の件を一番笑ってくれていた。中川大志君は連ドラで一緒になったし、僕になついているから彼は絶対しない」とし、向井と予想した。

 番組の取材の結果、置き忘れた人物が生田と判明。生田がビデオメッセージを寄せ、「木の枝ですよね。着替える時に机の上に置いていたんですよ。着替え終わって出てきたらなくなっていたんです。持って帰ろうという気は満々だったんですけど」。向井はメーク室に木の枝を忘れ、中川も帰宅する車中に置いて帰ったことも明かされた。バカリズムは落胆した様子で、「ショックですね、こうやって僕は現場で殻に閉じこもるんですよ」とポツリ、スタジオの笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月23日のニュース