巨人ドラ5・又木鉄平がプロ初登板初先発へ「緊張しています」 新人5選手中4人目デビュー

[ 2024年5月31日 22:15 ]

交流戦   巨人4―1西武 ( 2024年5月31日    ベルーナD )

<巨・ソ(3)>キャッチボールする又木(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト5位ルーキー、又木鉄平投手(25=日本生命)が6月1日の西武戦(ベルーナD)でプロ初登板初先発のマウンドに上がる。

 待望のデビューを前に又木は「さすがに…いつもよりかは緊張しています」としつつ「でも、やることは変わらないので。任された以上は責任感を持って、先発なので試合をつくることと、チームの勝利にしっかり貢献することをやっていきたいと思います」と気合を入れた。

 4―1で快勝した31日の同戦後、阿部慎之助監督(45)は「とにかく1イニングでも長く、思い切って勝負していってもらいたいと思います」と期待を寄せた。

 巨人は昨秋のドラフト会議で5選手を指名したが、1位の西舘、3位の佐々木、4位の泉口が開幕1軍メンバー入り。又木は新人4人目の1軍デビューとなる。

 1位の西舘は31日の西武戦でプロ初セーブ。ここまでセ・リーグ最多の15ホールドをマークし、初勝利もすでに挙げているが、又木も同期に続けるか。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース