中畑清氏 巨人上位争いへ5年目左腕・井上が鍵「成長しているよ」

[ 2024年5月31日 05:30 ]

交流戦   巨人6―5ソフトバンク ( 2024年5月30日    東京D )

<巨・ソ>4回から登板した井上(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 【中畑清 視点】巨人はパ・リーグ首位のソフトバンクを相手に会心の逆転勝ち。5点差を一挙にひっくり返した攻撃も見事だったけど、なんたって凄いのは4回以降をパーフェクトに抑えたリリーフ陣だ。

 特に4イニングを抑え切った井上。臆することなく強力打線に立ち向かっていった。しびれたのは7回1死、柳田に対する投球。2ボールから2度、首を振って真っすぐを内角に投げ込んだ。力で押し込んでファウルさせ、4球目のスライダーで二ゴロに仕留めた。かわしたくなる場面で力勝負。しかもきっちり狙ったところに投げ込んだ。成長しているよ。

 こんな投球を見せられたら阿部監督が「次は先発」となるのも無理はない。近く新人左腕の又木も先発させるらしい。巨人が上位争いに残るためには、なんとしても欲しい左の先発投手。井上が今後の鍵を握っているような気がする。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース