世界禁煙デー記念イベントに出席の栗山氏 「この年になって一番の宝物は元気と健康」

[ 2024年5月31日 20:11 ]

世界禁煙デー記念イベントに参加した栗山氏(左は蛙亭の二人、右は星乃夢奈)
Photo By スポニチ

  前侍ジャパン監督の日本ハム・栗山英樹チーフ・ベースボール・オフィサー(CBO=63)が、都内で行われた厚生労働省主催の「令和6年度スマート・ライフ・プロジェクト」世界禁煙デー記念イベントに参加。

 昨年度に続いて同プロジェクトのオフィシャルアンバサダーを務める栗山氏は、84年のヤクルト入団後に喫煙していた経験を明かして「時代によって価値観が変わる。現場を見ると、タバコを吸う人は本当に少なくなってる。アスリートにとっても(喫煙が)よくないということ。普通の生活をしながら、一番の宝物っていうものをこの年になると一番感じる。元気であること、健康であることが一番」と禁煙を呼びかけた。

 イベントには、ゲストサポーターとして女優の星乃夢奈とお笑い芸人の蛙亭の二人も出席。禁煙とともに受動喫煙防止の普及も訴えた

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース