DeNA・山崎康晃 痛恨の悪送球で勝ち越し点献上 直前にはボークも

[ 2024年5月31日 20:40 ]

交流戦   DeNAー日本ハム ( 2024年5月31日    エスコンF )

DeNA・山崎
Photo By スポニチ

 DeNAは31日、エスコンFで日本ハムと対戦。8回に3番手の山崎康晃投手(31)が痛恨の悪送球で勝ち越し点を献上した。

 2ー2の同点で迎えた8回。この回からマウンドに上がった山崎は、先頭のマルティネスに中前打を許し無死走者一塁となった。

 マルティネスの代走で五十幡が入ると、山崎は一塁にけん制球をするそぶりを見せた。しかしこれがプレートから足を外さずに偽投したとの判定でボークに。ランナーが二塁へ進塁した。

 さらに迎えた打者・松本剛に初球のスプリットをバントされると、打球を処理した山崎が一塁へ痛恨の悪送球。二走・五十幡が一気に生還し、勝ち越し点を許した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース