楽天・フランコ 球団史上初の代打サヨナラ弾!逆転1号3ランで3連勝

[ 2024年5月31日 21:57 ]

交流戦   楽天5ー3ヤクルト ( 2024年5月31日    福島 )

<楽・ヤ>9回、フランコがサヨナラ3ランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天は31日、福島でヤクルトと対戦。2ー3の9回にフランコ内野手(31)が球団史上初の代打サヨナラ弾となる1号3ランを放ち、逆転勝利。チームは3連勝となった。

 1点を追う9回だった。小深田、小郷が連打で出塁し1死一、二塁の場面。相手投手はエスパーダから3番手の長谷川に代わった。

 すると茂木の代打で出たフランコが初球のチェンジアップを強振。福島のファンの大歓声の中、打球はぐんぐん伸び、勢いよく左中間スタンドに飛び込んだ。歓喜のウオーターシャワーを浴びた助っ人の待望の今季1号は、球団史上初の代打サヨナラ本塁打となった。

 先発投手の早川は6回3失点も、後を受けた救援陣が無失点で粘った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース