パドレス・ダルビッシュ 左太腿裏の張りで今季最短タイ3回降板 3失点で3敗目

[ 2024年5月31日 01:30 ]

ナ・リーグ   パドレス1ー9マーリンズ ( 2024年5月29日    サンディエゴ )

<マーリンズ・パドレス>先発のパドレス・ダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 パドレスのダルビッシュが左太腿裏の張りのため今季最短タイとなる3回で降板し、3敗目を喫した。直球の最速は96マイル(約154キロ)を記録したものの、リーグ最低勝率の相手に6安打を許して3失点。試合後、病院へ検査に向かったため本人の取材対応はなかったが、マイク・シルト監督は「ひどくはなさそうだが(太腿裏の)張りを感じたようだ」と軽傷であることを明かした。

 前回登板のヤンキース戦は4本塁打を喫し、今季最多となる7失点。日米通算200勝達成後、2試合続けて精彩を欠く内容となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース