【春季中国大会】6月1日開幕…センバツ出場の広陵が軸、広島2位の公立校・海田も注目

[ 2024年5月31日 15:38 ]

今春センバツではエース・高尾が中心だった広陵
Photo By スポニチ

 第142回春季中国地区高等学校野球大会が6月1日、広島で開幕する。

 <鶴岡一人記念球場>

 第1試合 崇徳(広島)―倉敷商(岡山)
 第2試合 広陵(広島)―鳥取城北(鳥取)

 <東広島アクアスタジアム>

 第1試合 海田(広島)―益田東(島根)
 第2試合 尾道(広島)―宇部鴻城(山口)

 注目は広島2位で進出した海田(かいた)。1942年創立の県立校で、昨春は県2回戦敗退だったが、今年は決勝まで駒を進めた。

 唯一のセンバツ出場校である広陵を軸にトーナメントが進みそうだ。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース