ヤクルト 4年ぶり2試合連続引き分け 山田、4月29日以来の2号「バットはだんだん振れてきている」

[ 2024年5月31日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト3―3ロッテ ( 2024年5月30日    神宮 )

<ヤ・ロ>3回、ソロを放つ山田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは4年ぶりとなる2試合連続の引き分け。前日に続き8投手の継投となり、高津監督は「勝ちたかったけど昨日(29日)も12回戦って、投げる方は非常によく頑張った」とねぎらった。

 光明は山田の一発。1点を追う3回1死で4月29日の巨人戦以来、約1カ月ぶりとなる同点の2号ソロを放った。試合前の時点で打率・188も初回の中前打と合わせて今季初のマルチ安打。「バットはだんだん振れてきている」と手応えを感じ取っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース