巨人・井上2年ぶり白星!ロングリリーフで4回完全!ソフトバンク打線ねじ伏せ「自信にもなります」

[ 2024年5月31日 05:30 ]

交流戦   巨人6―5ソフトバンク ( 2024年5月30日    東京D )

<巨・ソ>勝利を喜び合う井上(左)とヘルナンデス(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人の5年目左腕・井上が完璧なロングリリーフで2年ぶりの白星を挙げた。逆転した直後の4回から2番手でマウンドに上がり、強打のソフトバンク打線を4回完全投球。毎回の5三振を奪う快投に「自分の球を信じて投げ込めたのは、これからの自信にもなります」とお立ち台で本拠地初勝利を喜んだ。

 4番・山川とは2打席対戦し、直球で左飛、スライダーで空振り三振。「ブルペンから意識して強めに投げて、いつもよりも指にかかったりとか全身が大きく使えているなと。行くまでの準備も大切だなって感じました」。バトンを渡された高梨、バルドナードも一人も出塁を許さず、1点リードを死守した。阿部監督は「(井上は)凄かったですね。自信につなげてほしい」と高評価し、次回は先発起用を示唆した。(川島 毅洋)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース