阪神 1日先発のビーズリーが初の交流戦に意気込み「投球だけに集中できる」 11イニング無失点継続中

[ 2024年5月31日 18:05 ]

交流戦   阪神ーロッテ ( 2024年5月31日    ZOZOマリン )

<ロ・神>キャッチボールで調整をする阪神・ビーズリー(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神のジェレミー・ビーズリー投手(28)が、1日のロッテ戦での先発に向けて、31日にZOZOマリンスタジアムでキャッチボールなどを行い調整した。

 パ・リーグ本拠地で行われる交流戦で、打線に指名打者が入り、投手が打席に入らないことに触れ、「バントや走塁のことを考えなくていい。投球だけに集中できると思う」と自信をのぞかせた。

 今季は2試合に先発し、11イニングでいまだ無失点。

 「状態はいい。最後に相手よりも得点があるように、勝ちにつながる投球がしたい」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月31日のニュース